品質管理

資源回復ポスター

鰻業界が直面する外部環境

現在ニホンウナギの天然資源が急速に減少し、日本が世界に誇る「鰻蒲焼」を取り巻く環境はとても厳しくなっています。2014年6月、国際自然保護連合(IUCN)によってニホンウナギは将来絶滅の恐れのある野生生物としてレッドリストに登録されました。
「近い将来、鰻蒲焼が食べられなくなる!?」と危惧される方もおられますが、決してそのようなことはありません。このことがきっかけになり、日本では国が予算計上をして資源回復に向けた様々な取組みに動き出しました。一例を上げますと、シラスウナギの溯上、生育、繁殖に適した「うなぎ川」を復活させるべく太平洋側の河川を中心に現在の環境を調査し、効果があると判断した河川をニホンウナギが住みやすい環境に整えていく事業を行っています。

私たちは国の対策に任せることなく、自分たちでできることを探し、行動しなければなりません。わが社は創業以来、こつこつ培ってきた技術にさらに磨きをかけて、益々の鰻業界発展のために微力ながらご提供させていただく所存です。

今後ともより一層のご支援をよろしくお願いします。

三重淡水魚では資源回復を願うポスターを作り、「絶滅危惧種」「レッドリスト」という刺激的な言葉に対し消費者が過剰に反応して「うなぎ離れ」を起こさないよう取り組んでいます。
資源回復を願うポスターをご希望のお料理屋さんがあれば無料で送付しています。

ポスター希望の方は、お気軽に連絡ください。TEL 0594-21-2532 FAX 0594-21-3828 お問い合わせページへ
資源回復ポスター 資源回復ポスター

ページトップへ戻る